ポスターデザインを決める際に知っておきたいポイント

効果的なレイアウトにする

ポスターのデザインを決める際に重要なことは、文字や写真、イラストなどのレイアウトがまず第一に挙げられます。ポスターは掲示板に貼ったり、街中の目につくところに貼ることが多いですが、目に留まりやすいポスターにするためには、見やすくシンプルなレイアウトが好まれますので、視覚的に多くの要素を含めることは避けるべきでしょう。写真を全面に出し、文字情報を絞って強調するなど、様々なレイアウト手法がありますので、既存のポスターデザインを参考にしてみると良いでしょう。

重要なメッセージを決める

ポスターとして道行く人の目に留まるようにするには、メッセージ性の強いデザインが必要となります。ポスターを制作する前には、事前に何を一番伝えたいのか、コンセプトを明確に決めておき、その伝えたい内容をどのようなデザインで相手に訴求するのかを念頭において考えましょう。メッセージを決める場合は、できるだけ簡潔にし、文字数が少なければ少ないほどメッセージ性が強くなりますので、バランスにも配慮してかっこいいデザインに仕上げましょう。

視認性の良い配色を心がける

ポスターが人の目に留まる要素の一つにカラーコーディネーションが挙げられます。これは、ポスター全体のイメージカラーがテーマと合致しているかどうかや、掲示する場所において目に留まりやすい配色になっているかということに関わってきます。ポスターに使用する色が地味なものだと、目に留まりにくいという傾向がありますので、なるべくハイコントラストを意識して、中にはモノクロで強弱を付けるといった手法も効果的ですので、掲示する環境に応じたカラーデザインを検討しましょう。

格安コピー印刷を希望している時は、必ず見積を依頼することが大切です。見積は無料ですし、迅速ですから安心です。

You may also like...